診療時間 日・祝
9:00~12:00
15:30~18:30

休診日:水曜、日曜、祝日
:予約診療のみ

舌下免疫療法

アレルギー性鼻炎

主にダニ、ハウスダスト、動物の毛などが原因の通年性アレルギー性鼻炎と花粉が原因の季節性アレルギー性鼻炎の二つに分類されます。特に、日本では春先のスギやヒノキの花粉による季節性アレルギー性鼻炎の患者が急増し、鼻汁や鼻づまり以外にくしゃみや目の痒みなども伴い、多くの方が悩まされています。
対策としては、アレルギーの原因(アレルゲン)となるべく接触しない工夫をする、アレルギーの薬(内服・点眼・点鼻)を使用するなどして、なんとか症状を緩和することが治療の中心でした。
以前より少量のアレルゲンを長期間に渡って投与することにより体質を変えてアレルギーの反応を抑える治療法(減感作療法)がありました。しかし、皮下注射による治療であるために面倒でなかなか普及しませんでした。

舌下免疫療法について

注射に代わって、アレルゲンを含む錠剤を1日1回舌下することによりアレルギーに対する反応を抑える治療法(舌下免疫療法)が2014年に健康保険の適用となりました。現在、スギ花粉とダニに対する舌下免疫療法を当院で受けることができます。注射と異なり、全く痛みがなく、副作用も少ないため安全です。スギ花粉に関しては治療開始後、翌シーズンに花粉症の症状が改善した人が約8割で、治療を続ける期間が長いほど効果が高まることが分かっています。体質を改善することによりアレルギー性鼻炎を治療したい方には強くお勧めします。
舌下免疫療法を希望される方はまず血液検査でアレルギーの原因を特定します。スギまたはダニのアレルギーが確実になった方には治療を開始します。5歳以上の方が対象で、1日1回1錠を毎日舌下します。これを原則3年間続けて頂きます。ダニの場合、いつでも治療の開始が可能ですが、スギ花粉の場合、花粉がない季節(当院では6月から12月までの間)に開始します。少なくともスギ花粉が飛散する4ヶ月前までに開始することが望まれます。自己負担は血液検査が約5,000円、毎月の薬剤費が約1,400円(いずれも3割負担の場合)かかり、原則として月1回の診察が必要です。

診療内容
内科・外科・血管外科・乳腺外科・消化器内科・在宅診療
住所
〒332-0035
埼玉県川口市西青木1-21-19
アクセス
西川口駅東口より徒歩6分
電話番号
048-291-8560
インターネット診療予約
診療時間 日・祝
9:00~12:00
15:30~18:30

休診日:水曜、日曜、祝日
:予約診療のみ